ダイエット

ダイエット24.jp~完全ダイエット情報サイトへようこそ

これから大好きな人とのデートを控えているという方はいませんか?数年ぶりの同窓会を予定しているという方はいませんか?結婚式を控えているという方はいませんか?そういった予定のある方の中には、その日までには少しは痩せたい!と考えている方もいるのではないでしょうか。やはり誰だって大切な日には体形などをすっきりとした状態で迎えたいですよね。しかし、その日までに時間がない方の中には、短期間のうちにダイエットをして痩せることができるだろうか?と思い悩んでいる方もいると思います。

ダイエット方法は様々にありますから、短期間でも成果を出すことはできます。ダイエットの成果を上げるには、やはり、あなたの気持ち次第なのです。絶対痩せるぞ!という思いがあれば、短期間でもダイエットを成功させることができます。何より、この日のために痩せたい!という方は、目的や目標があることですから、ダイエットに取り組みやすいのではないでしょうか。しかし、短期間でダイエットの成果を上げるとなると、どういった方法を取り入れたら良いのだろう?と思案する方は少なくないと思います。できるだけ効果の出やすい方法を取り入れたい!と考えている方も多いことでしょう。しかし、無理のあるダイエット方法を選んでしまうと、大切な日に体調を崩してしまい、出かけることができなくなってしまうこともあるかもしれません。 ・・・続きを読む

■痩せるダイエット成功法トップ3の紹介
健康的な無理しないダイエットをしたい方へ「優光泉」酵素
モデルに人気急増中のナチュラルヘルシースタンダード
話題の酵母で糖質分解

目次】ダイエット24.jp

このページのトップへ戻る

ダイエットを始めるにあたっては、健康的なダイエット方法の選択が欠かせませんね。ダイエット方法を探している方は是非、以下を参考にして自分に合ったダイエット方法を見つけてください。ダイエットは続けることが大切ですから、自分が取り入れやすい方法を選ぶというのも成功への近道になります。様々なダイエット方法を紹介していますから、自分がやりやすい方法を選んでチャレンジしてみてください。ダイエットに成功すれば、大切な日をきっとより自信を持って迎えることができるはずですよ。

このページのトップへ戻る

第1章】簡単な短期ダイエット方法

第1章第1節】食べ合わせダイエット

ダイエットをしたいけれど好きな食事を我慢することができないという方は多いと思います。太ってきたなぁ~と感じていても好きなお菓子をやめられないという方も多いのではないでしょうか。そんな方は食べ合わせダイエットを取り入れて、ダイエットに励んでみると良いです。それでは、食べ合わせダイエットがどのようなダイエット方法なのかについて説明します。食べ合わせダイエットがどういう点に着目した方法なのかというと、食べ物の組合せによって体を温める効果や、脂肪燃焼を促す効果を高めるダイエット方法です。ダイエットと言えばカロリーばかりを気にする方が多いと思いますが、食べ合わせダイエットではカロリーを気にすることなく、代謝を上げながら食べるだけでダイエット効果を得ます。今、食べ合わせダイエットに興味を持たれた方の中には、どのような食べ合わせが良いの?と思われた方は少なくないでしょう。例えば、ラーメン好きの方でしたら、ラーメンを食べる前に野菜ジュースを飲むのがおすすめです。野菜ジュースを取り入れることで、ラーメンを食べた時の血糖値の上昇を抑える効果が得られます。女性でしたらケーキ好きの方が多いと思われますが、事前に抹茶豆乳を取り入れることでケーキを食べた時の糖分の吸収を抑えることができます。このように食べ合わせダイエットであれば、カロリーを気にすることなく好きなものを食べることができます。食べ合わせダイエットは、ダイエットをしたいけれど食べることはやめられない!という方におすすめです。

このページのトップへ戻る

第1章第2節】レコーディングダイエット

最近体重が増えてきているなぁ~と感じている方の中には、ダイエットをそろそろ本格的に始めなければ!と思っている方がいると思います。自分が1日にどのくらいの量を食べているかについてきちんと把握していますか?一般に、どんなものをどれだけ摂っているかを把握できていない方は少なくないのではないでしょうか。お菓子が好きな方は、ついついお菓子に手を伸ばしてしまいます。そして気がつくと、こんなに食べてしまった!と後悔することもあると思います。そんな方は自分がどういった食事をしているのかを知るために、レコーディングダイエットを始めてみると良いです。レコーディングダイエットだと、お金がかからず、無理な運動をする必要もありません。やることと言えば、毎日自分が食べているものをすべてノートに書き出すだけです。そんなので痩せるの?と思われる方は多いでしょうが、自身の食事の量や内容を把握していない方は、書き出すことで初めて知ることが多々あるはずです。こんなに食べていたんだ!とショックを受ける方もいるでしょう。食べたものをすべて書き出すことで、これって本当に必要だったのだろうか?という気づきが得られます。その結果、無駄なお菓子などの量が減り、ダイエット効果を得ることができます。食べる量を急激に減らすダイエットはなかなか続きませんから、まずは食べたものをすべて書き出してみましょう。自分の食事内容を把握していない方は、是非レコーディングダイエットを始めてみてください。

このページのトップへ戻る

第1章第3節】お風呂ダイエット

ダイエットのためにお風呂には長めに浸かっているという方は多いと思います。特に、女性はお風呂が好きな方が多いですから、お風呂の中で本を読んだり音楽を聴いたりしながら、お風呂の時間を楽しんでいる方もいると思います。そんなお風呂の時間を上手に活用してダイエットをしてみてはいかがでしょうか。お風呂ダイエットにおいては、基本的に半身浴となります。肩までしっかりと浸かる入浴ではなく、胸の下あたりまで浸かる半身浴こそがダイエットに効果的なのです。お風呂はできるだけ熱いお湯の方が気持ち良いという方は少なくないと思われますが、半身浴では38度から40度程度の温度が理想的です。半身浴だと冬場は肩が寒いという方がいるかと思いますが、肩にタオルを乗せて寒さを防ぐという方法があります。また、半身浴の際にマッサージアイテムを使うとさらにダイエット効果が高まります。マッサージアイテムには、ローラーが付いたものや、体に刺激を与えるスティック状のものなどがあります。こういったアイテムを半身浴の際に用いてケアしていくと、体が温まっているため、よりダイエット効果を高めていくことができます。さらにお湯の中に重曹などを入れて温泉のような状態を作り出すのもおすすめです。重曹でなくても、入浴剤の中には発汗性のあるものもありますから、そういったものを取り入れることでダイエット効果を高めていくことができます。お風呂が好きな方は、お風呂ダイエットであれば気軽に始めることができますよ。

このページのトップへ戻る

第1章第4節】巻くだけダイエット

ダイエットをするにはやはり体を動かすことが基本となりますが、ダイエットをしたいけれど運動が苦手でなかなかダイエットを始められないという方はいると思います。また、ダイエットを始めても運動が苦手な方にとっては続けられないということもあるでしょう。そんな方は是非、手軽に実践できる巻くだけダイエットでダイエット効果を実感してみませんか。それでは、巻くだけダイエットとはどういったダイエット方法なのかについて説明します。巻くだけダイエットは聞いたことがある方は多いと思いますが、ゴムバンドを骨盤あたりに巻くだけのダイエット方法です。ゴムバンドを巻きつけたら、うつ伏せの状態になり、膝を立てた状態で寝転がります。そして、両足を揃えた状態で左右に倒していきます。この程度身体を動かすのであれば、運動が苦手な方でも簡単にできますね。左右への運動は1分から2分程度でOKですから、時間がない方でも気軽に取り入れることができます。書店で売られている巻くだけダイエットの本にはゴムバンドがセットになっているものもあるので、手に入れて簡単に始めることができます。特に、産後太りで悩んでいる方には、骨盤が開いた状態になっているところへ巻くだけダイエットを取り入れることで骨盤の歪みが改善され、ダイエット効果が得られるのでおすすめです。

このページのトップへ戻る

第1章第5節】耳つぼダイエット

ダイエットをしたいのに食欲が抑えられないという方は多いと思います。食べてはいけないということが分かっていても、食欲に勝てず、ついつい食べてしまう方も多いことでしょう。そういった生活を続けていることで、どんどん体重が増えてしまっている方もいると思います。それでは、そんな方のために、食欲を抑えることのできるダイエット方法を説明します。その方法とは、耳つぼダイエットです。耳つぼダイエットとは、名前の通り耳にあるツボを刺激していくことで食欲を抑え、新陳代謝を高めながらダイエット効果が実感できるというダイエット方法です。耳にそんなツボがあるの?と思われる方はいると思いますが、耳には食欲抑制の効果のあるツボがあり、鍼灸や整体でも取り入れられています。耳にある5つのツボに刺激を加えていくことで、食べ過ぎ防止効果やイライラ解消効果、そしてホルモンバランスを整える効果などが得られます。ツボを刺激するだけで食欲を抑えることができるというのは、何よりも簡単で、誰でも手軽に実践できるので嬉しいですね。鍼灸や整体に通ってツボを刺激してもらうと費用がかかってしまいます。そんなに費用はかけられない!という方でも、自分でツボ刺激を行えば十分に効果を得ることができます。耳にあるツボを自分で刺激するだけで簡単にダイエット効果が得られるだけでなく、疲れている時などにすっきりとすることもできます。

このページのトップへ戻る

第1章第6節】水泳ダイエット

ダイエットを考えている方の中には、本格的にダイエットを始めたい!と真剣に思っている人がいると思います。本格的に痩せるためには、やはり体を動かさないと駄目だろうと考えている方もいると思います。そこで、全身運動となる水泳ダイエットを取り入れて、本格的なダイエットに取り組んでみませんか。水泳ダイエットは、極めて消費カロリーが高くなるダイエット方法です。水中には水の抵抗がありますから、カロリー消費をするには抜群の環境となります。水泳ダイエットを実践すれば、自然と代謝を上げていくことができますし、筋肉もついていきますから、脂肪燃焼効果が高められていきます。また、ついた筋肉によってリバウンドを予防することができます。しかも、水中での運動になりますから、怪我などのリスクが少ないというメリットもあります。でも泳げないから無理!という方もいるかとは思いますが、そんな方はプールの中を歩くだけでもOKです。水中ウォーキングは、思った以上にきついものです。水の抵抗のため、それほど思い通りに歩くことはできません。水中ウォーキングは特に下半身を鍛えることができ、同時に十分なダイエット効果を実感できます。もちろん下半身が鍛えられるため、下半身太りを改善することもできます。本格的にダイエットがしたい!あるいは、運動を取り入れたダイエットがしたいと考えている方には、水泳ダイエットがとてもおすすめです。また、泳げない方でも、水中ウォーキングがおすすめです。

このページのトップへ戻る

第1章第7節】ウォーキングダイエット

お金をかけずに気軽に行えるダイエット方法はないものだろうか?と考える方はいると思います。ダイエットというと、ついつい色々なアイテムを揃えたくなりますが、続かなければすべて無駄になってしまいます。ですが、ダイエットにはお金をかけずに簡単に実践できる方法もあります。そこで、お金をかけずに、いつでもどこでも簡単にできるダイエットとして最もポピュラーなウォーキングダイエットについて説明します。ウォーキングダイエットは、まさに今すぐにでも始められるダイエット方法です。特に道具は必要ありませんし、特別なウエアーやシューズなども必要ありません。誰でも気軽に始めることができるのが、ウォーキングダイエットです。ウォーキングダイエットにおいて、まずは無理をしないことが大切です。最初から張り切って長時間歩いてしまうと、足などに負担がかかり、続けられなくなってしまいます。特に、ある程度体重がある方などは注意が必要です。最初の頃は、20分から30分程度のウォーキングから始めましょう。ウォーキングに慣れて足などに筋肉がついてくれば、どんどん歩くことが楽しくなり、無理なく1時間程度歩けるようになります。こうなれば、さらにダイエット効果を実感できるようになります。ウォーキングダイエットを実践すると、単に痩せるだけではなく、気分転換の効果も得られます。普段歩かない道を歩いてみると、新しい発見などがあったりして楽しいものです。このように一切お金をかけずに実践できるダイエットもあります。まずは、自分のペースでゆっくりと始めていきましょう。

このページのトップへ戻る

第1章第8節】ストレッチダイエット

運動は苦手だけど身体をしっかりと動かしながらダイエットに取り組みたいと考えている方は多いと思います。大人になるとなかなか身体を動かす機会は減ってしまいますから、身体を動かしたいけれど時間がないという方も多いと思います。そんな場合は、ストレッチダイエットを実践するのがおすすめです。ストレッチダイエットであれば、運動が苦手な方でも時間がない方でも簡単に取り入れることができます。ストレッチというと何かの運動の前に行うものではありますが、ストレッチは身体にとってとても大切な役割を果たします。特に運動不足の方にとっては、ストレッチによって普段動かすことのない筋肉を動かすことになりますから、ダイエット効果がとても実感できます。ストレッチであれば自宅でも簡単に行うことができますし、身体に負担がかかりません。ストレッチによって日頃の疲れが取り去られ、肩こりなどを改善していくこともできます。ストレッチの意外な効果として、アンチエイジング効果や美肌効果なども期待できます。ストレッチダイエットを実践する際には全身を動かすことが理想的ではありますが、時間がない方などは、まずは自分の気になる部分に刺激を与えることのできるストレッチから取り入れるのがおすすめです。例えば、お腹周りが気になる方は、腹筋に刺激を与えることのできるストレッチが良いです。太ももが気になる方は、太ももに効果のあるストレッチを取り入れていくことで、普段使っていない筋肉を動かしながら、ダイエット効果を実感することができます。

このページのトップへ戻る

第1章第9節】マクロビオティックダイエット

痩せたい方の中には食事の見直しをしてダイエットをしていこうと考えている人は多いと思います。やはり、食事は身体を作るために大切なものですから、ダイエットにおいても気をつけなくてはいけません。そこで、食事の見直しを検討中の方におすすめのマクロビオティックダイエットについて説明します。マクロビオティックダイエットとは、農薬を使っていない穀物、玄米や大麦、そばを使った料理、および旬の野菜を用いた料理をメインとする食事によるダイエット方法のことです。マクロビオティックダイエットを取り入れることで、ダイエット効果が実感できるだけではなく、身体の中からバランスを取ることができるため、健康維持の意味においてもたいへんおすすめです。健康を維持するためには、食べ物がとても大切なのです。こういった食事をしていくことで、身体の中から綺麗にすることができ、自然と脂肪などを落としていくことができます。旬の野菜などを中心に摂ることで、今までよりも食事が楽しくなっていきます。しかも、今の時期はこういった野菜があるんだ!という気づきも得られます。旬の野菜にはたくさんのパワーが秘められていますから、身体にしっかりとパワーを吸収することができます。どういったメニューを作れば良いのか分からない!という方は、マクロビオティックダイエットに関する料理本などが販売されていますから、そういったものを参考にすると良いです。

このページのトップへ戻る

第1章第10節】Wii Fitダイエット

お子さんのいる家庭では自宅にWii Fitがあるという方はいると思います。普段はお子さんがよく遊ぶテレビゲームですが、Wiiには大人の方にもおすすめのソフトがあります。それが、Wii Fitダイエットです。Wii Fitダイエットには4ジャンルのトレーニングが含まれています。ジャンルごとに、それぞれに合った方法でトレーニングを進めることができます。自分でダイエットをしようと思っても、どういった運動を取り入れたら良いのかが分からないという方は多いと思いますが、Wii Fitダイエットなら運動をゲーム上で一緒に進めていくことになりますから、とてもスムーズにトレーニングが実践できます。Wii Fitダイエットには、有酸素運動やヨガ、バランスゲーム、筋トレなどがあります。これらの様々なトレーニング方法により、身体を動かすことができます。ヨガに興味があるけれど一度も習いに行ったことがないという方は、Wii Fitダイエットでヨガのレッスンを受ければ、教室に通う必要がありません。また、あまり運動ばかりだと続かないという方であれば、バランスゲームをゲーム感覚で楽しみながら続けていくことができます。このように、ダイエットの選択肢として、Wii Fitダイエットを取り入れるのはたいへんおすすめです。既に自宅にWiiがある方は、是非Wii Fitダイエットを購入して、ダイエットを始めてみませんか。家族の健康管理のためにWii Fitダイエットを取り入れるのもおすすめです。

このページのトップへ戻る

第2章】食事による短期間ダイエット

第2章第1節】酵素ドリンクで置き換え

来月は同窓会があるからそれまでに体重を元に戻しておきたいと考えている方はいるかと思います。ダイエットにおいてはできるだけ短期間で効果を得たいと考える人は少なくありません。そんな方には置き換えダイエットがおすすめです。置き換えダイエットであれば、より短期間でダイエット効果を得ることができます。特に有効な方法として、酵素ドリンクによる置き換えダイエットの説明をします。一般に、ダイエットでは代謝を上げることでダイエット効果を高めていきます。けれども、代謝を上げるには、運動を続け、筋肉量を増やしていくことが必要になります。短期間でダイエットの成果を上げたい!という方の中には、そんな時間はない!という人もいます。そこで、身体に酵素を取り入れることのできる魅力的な酵素ドリンクを用います。この酵素は、野菜などを発酵させて作られたものですが、酵素ドリンクを体内に取り入れることで代謝を高めることができます。代謝が上がり、食事が栄養たっぷりの酵素ドリンクに置き換わることで、カロリーが抑えられダイエット効果が高まっていきます。酵素ドリンクを飲むと満腹感が得られ、お腹がすかないので、無理なく置き換えダイエットができます。そういうわけで、置き換えダイエットには栄養たっぷりの酵素ドリンクがおすすめです。酵素ドリンクで代謝が高まるとリバウンド防止にもなります。

このページのトップへ戻る

第2章第2節】シェイクで置き換え

短期間で体重を落としたいからダイエット効果が高いとよく言われている置き換えダイエットをやってみたいと考える方は少なくないと思います。置き換えダイエットというのは、基本的に普段の食事を低カロリーな食事に変えることでダイエット効果を得る方法です。しかし間違った食事に変えてしまうと、身体に負担をかけてしまうこともありますから注意が必要です。そこで、栄養面において安全なことで知られるシェイクによる置き換えダイエットの説明をします。シェイクタイプのダイエットドリンクには、各メーカーが様々な工夫をしています。腹持ちが良くなるように作られていたり、味などがバリエーション豊かになっていてダイエットが続けやすくなっています。水で溶かすものもあれば、牛乳などで溶かすタイプもあります。牛乳で溶かすタイプよりも、水で溶かすタイプを選んだ方がカロリーを抑えることができます。シェイクタイプのダイエットドリンクの一番の良さは、手軽さにあります。食事の代わりにコップにドリンクを入れて飲むだけですから、とても簡単です。栄養のことも考えて作られていますから、栄養が偏るといった心配はありません。シェイクによる置き換えダイエットを続けるには、自分にとって飲みやすいものを選ぶことが大切ですので、様々なメーカーのものを試してみると良いです。

このページのトップへ戻る

第2章第3節】ダイエット食品で置き換え

ダイエットのために普段の食事を見直して低カロリー食にしたいと考える方はいるかと思います。料理がたいへん得意な方であれば様々なカロリーオフの方法をご存知だと思いますが、料理があまり得意ではない方の中には、どういった料理を作ればカロリーが抑えられるのかが分からない!という方もいると思います。また、普段は忙しいから料理を作ることができないという方もいるでしょう。そんな場合はダイエット食品を取り入れて置き換えダイエットを始めるのが良いです。そこで、ダイエット食品による置き換えダイエットについて説明します。一般にダイエット食品というと美味しくなさそう!とかメニューが少ないからすぐに飽きてしまう!などと感じている方が多いと思いますが、昔と違って今ではダイエット食品はとても美味しくなっており、メニューが凄く増えています。以前からの定番のダイエット食品には、そうめんや雑炊などといったメニューがありますが、最近ではカロリーが高そうに思われるパスタなども低カロリーで販売されています。食事だけではなくお菓子なども低カロリーのものが販売されていますから、どうしてもお菓子がやめられない!という方の場合は間食用にも低カロリーのものを取り入れるのがおすすめです。置き換えダイエットを実践するにあたって1日1食分のダイエット食品であれば、それほど費用は高くなりませんから負担が少なくてすみます。毎日コンビニでお弁当を買っているという方でしたら、昼食をダイエット食品に変えることで健康維持ができるようになります。このように置き換えダイエットにおいてダイエット食品を取り入れるのは、とても優れたダイエット方法となります。

このページのトップへ戻る

第3章】短期間でダイエット効果を上げるには

第3章第1節】運動について

ダイエットをするとなると身体を動かさなければ!と考える方は多いと思います。運動はダイエットのために欠かせませんが、健康維持のためにも欠かせません。しかし、どうしてダイエットにおいて運動が欠かせないのかについて知らない人は少なくないと思います。そこで、運動を取り入れることでダイエット効果が高まる理由について説明します。私たちは毎日食事をします。食事以外にもお菓子などの間食をしている方もいると思います。食べると身体はカロリーを摂取することになります。そして、カロリーは呼吸などで消費されますが、全てを消費し切ることはありません。消費されずに残ったカロリーは体脂肪になります。運動をすればカロリー消費になるので、その分だけ太ることがなくなります。しかも身体を動かせば代謝が上がって、さらにダイエット効果が増します。なぜなら、代謝が上がると運動をしていない時でもカロリー消費が促進されるからです。また、運動によって血液の流れが良くなると、冷え症やむくみなどが改善されます。身体を動かして汗をかけば、ストレス発散効果も得られます。このように運動には様々なメリットがあります。よって、無理のない程度に運動を取り入れながらダイエットを実践していくのが良いです。

このページのトップへ戻る

第3章第2節】基礎代謝について

ダイエットをしようとする時に、まずは代謝を上げなければ!と考える方がいます。代謝が上がれば痩せやすい身体になりますから、それは嬉しいダイエット効果です。しかし、基礎代謝がどういったものなのかについて知らない人は少なくありません。そこで、基礎代謝について説明します。人は普段、何もしていなくても呼吸は行っています。当然のことですが、血液が流れており、心臓などが自然に動いています。実は、これらの無意識の身体の動きによってカロリーは消費されています。このように何もしなくても必要とされるカロリー消費に関する体内の動きや変化を基礎代謝と言います。基礎代謝は、人それぞれ異なります。男女別の違いや、年齢による違い、そして生活習慣による違いなど、基礎代謝には千差万別に違いがあります。ダイエットをより効果的にするためには、基礎代謝を高めることが大切です。基礎代謝を高くすれば、運動をしなくても多くのカロリーが消費され、食事をしても太りにくい体質になります。どうしてあの子は同じ量を食べているのに太らないのだろう?という疑問に対する答えは基礎代謝にあります。基礎代謝を高める方法としては、運動を取り入れることがおすすめです。基礎代謝を上げていくことで身体の様々な機能を高めていくことにもなりますので、健康維持のためにも基礎代謝アップを目指していくと良いです。

このページのトップへ戻る

第3章第3節】有酸素運動について

ダイエットのための運動なら有酸素運動が良いということを聞いたことがある方は多いと思います。一般に運動は、有酸素運動、無酸素運動、ストレッチという3種類に分けられます。そこで、有酸素運動について説明します。有酸素運動には、ウォーキングやランニング、ジョギング、サイクリング、縄跳びなどがあります。これらの運動では、呼吸を行いながら身体を動かします。有酸素運動がダイエットに効果があると言われる理由は、この種の運動に身体全体を動かすものが多いためです。全身を動かすことで、身体全体がバランスよく鍛えられます。また、酸素を取り込みながら身体を動かすため、脂肪が燃焼しやすくなります。これはダイエットの実践において、非常に重要なポイントです。また、有酸素運動は心肺機能を高めるため、代謝を上げることができます。有酸素運動は20分から30分程度の実践でも、十分なダイエット効果を得ることができます。有酸素運動はそれほどキツイ運動ではないにも関わらず、カロリーを消費しやすいため、ダイエットを継続しやすく、とても理想的なダイエット方法です。したがって、有酸素運動は、特にダイエットに効果的な運動であると言えます。ウォーキングやサイクリングなどであれば気軽に行えますから、是非取り入れてみてください。

このページのトップへ戻る

第3章第4節】温活について

女性には冷えで悩んでいる方が多いと思います。夏場でも足先が冷たい!手がいつでも冷たい!といった悩みをよく聞きます。実は、冷え症の方は太りやすい体質なのです。冷え症だと平熱が低い方が多いでしょう。平熱が36度未満の方は低体温症の可能性がありますから、体質改善をする必要があります。そこで、温活について説明します。一般に、36度台が人の適切体温であると言われています。体温は、新陳代謝や消化の働きなどを表す指標として見ることができます。このことから、体温が低い方はウイルスや病原菌の影響を受けやすく、また太りやすいといったことが分かります。でも平熱を上げることなんてできるの?という疑問を持たれた方がいるかと思いますが、生活習慣を見直して温活を行うことで体温を上げることができます。例えば、毎日朝食を摂っていない方であれば、これからは朝食を摂るように心がけましょう。お風呂に入る時は半身浴にし、汗を流すようにするのがおすすめです。また、運動を取り入れて汗を流すことも大切です。そして、普段から体を冷やさないように服装や飲み物などに気をつけましょう。それから、甘いものの取り過ぎにも注意が必要です。このように温活を取り入れていくことで低体温を改善することができます。体温が上がればダイエット効果が得やすくなり、健康維持も行いやすくなります。

このページのトップへ戻る

第3章第5節】痩せ体質について

体質というと、生まれ持ったものだから変えることはできない!と考える方は多いと思います。そのため、自分は太りやすい体質だから仕方がない!と諦めている方が多いのではないでしょうか。しかし、体質を変えることはできます。それでは、痩せ体質になるにはどういったケアを行っていけば良いのかについて説明します。一番のおすすめは、ストレッチです。ストレッチにより、普段使わないような筋肉を伸ばしたり曲げたりして体を調節します。どうしてストレッチをすると痩せ体質になるの?という疑問を持たれる方は少なくないと思いますが、ストレッチにより筋肉の緊張をほぐす効果が特に大事なのです。ストレッチを行うと、身体の凝りがほぐされたり、冷え性が改善されたりします。また、普段使わない筋肉を使っていくことで、たるみも改善されます。ストレッチを通じて身体を動かせば全身のバランスが整えられますから、血液の流れが改善されたり、歪みが解消されたりします。ストレッチにより身体がすっきりとして気持ち良くなり、リラックスすることができます。ただし、ストレッチを行う際には、決して無理をしないことが大切です。無理に身体を曲げたり伸ばしたりすると負担がかかってしまいますから、気持ち良い程度にゆっくりとストレッチを取り入れて、痩せ体質を目指しましょう。

このページのトップへ戻る

第3章第6節】ウォーキングについて

ダイエットのために歩くようにしようと考えている方は少なくないと思います。ウォーキングは有酸素運動ですから、ダイエットには理想的な運動方法です。そこで、ウォーキングについて説明します。ウォーキングというのは単に漠然と歩くだけではなく、よりダイエット効果が高められるように正しいウォーキング方法を取り入れることが大切です。ウォーキングは、少なくとも20分以上は行う必要があります。なぜなら、有酸素運動の効果が開始から20分経過した後にあらわれるからです。ウォーキングは姿勢も重要で、猫背にならずに背筋を伸ばした状態で歩くのがポイントです。そして、歩幅はできるだけ広めにし、きびきびと動くようにしましょう。だらだらと歩くと有酸素運動の効果が得られません。できるだけ運動であることを意識し、のんびりと歩かず、息がはずむ程度のスピードを保つとダイエットに効果的です。それから、ウォーキングは1日に20分でも構いませんから、毎日続けることが大切です。もちろん、今日はちょっと調子が悪いなぁという時には無理は禁物です。また、運動をしなければ!という思いがストレスになると続けられなくなってしまいますから、たまには休むことも大切です。無理せず続けることがウォーキングの効果を最も高める秘訣となります。

このページのトップへ戻る

第3章第7節】半身浴について

美容やダイエットのために半身浴を毎日しているという方は少なくないと思います。お風呂はリラックス効果が得られるので、とても良い空間です。そこで、ダイエットに効果的な半身浴の方法について説明します。半身浴を行うと身体を芯から温めることができます。半身浴を続ければ、低体温症の方でも体温を上げていくことができます。半身浴では低い温度のお湯に浸かることになりますから、長時間入ることができます。するとジワっと汗をかくことができるため、デトックス効果が得られます。足のむくみの悩みを抱える女性はたくさんいますが、半身浴でむくみ改善ができます。そして、半身浴によるカロリー消費がダイエットにつながります。よりダイエット効果の高い半身浴を行うなら、湯船で気になる部分のマッサージを行うのがおすすめです。太ももやふくらはぎ、お腹周りなどに気になる部分がある方は、それらをマッサージしながら入浴しましょう。マッサージによる身体への刺激がダイエット効果を促進します。冬はお風呂場が寒いかもしれません。そんな時は、浴室を温めてから入浴すると良いです。

このページのトップへ戻る

第4章】ダイエット中の食事

第4章第1節】カロリーについて

食事を摂る際にカロリーを気にする方は多いと思います。最近ではコンビニやスーパーでも、お弁当などにカロリーが記載されているものが増えてきました。そこで、カロリーについて説明します。カロリーの消費は、まず基礎代謝によってなされます。生きる上で必須のカロリー消費が基礎代謝ですので、今日は何もしていないから食べなくても大丈夫!というわけにはいきません。生きているだけでカロリーが消費されるので、少なくともその分のカロリーは摂取する必要があります。例えば、成人女性の基礎代謝は約1,200キロカロリーです。また、成人男性の基礎代謝は約1,500キロカロリーです。年齢が20代前半を迎えたあたりから、基礎代謝は低下していきます。若い頃はたくさん食べても太らなかったのに今はそれほど量を摂らなくても太るようになった!と感じている方は少なくないと思いますが、それは基礎代謝が低下してきている証拠です。したがって、ダイエットのためには代謝を上げてカロリーをより多く消費していくことが大切です。カロリーを摂取しすぎてしまったと感じた時には、身体を動かすなどしてその分のカロリーを消費すれば、太らないということになります。単純に言えば、痩せる方法は消費カロリー以上のカロリーを摂取しないこととなります。このように、カロリー消費はダイエットに欠かせないものです。元々私たちには基礎代謝というカロリー消費の働きがありますから、基礎代謝を上げることでカロリー消費をしやすくすれば、ダイエットが容易になります。

このページのトップへ戻る

第4章第2節】外食について

ダイエット中の方の中には、できるだけ外食を避けたい!と思っている人が多いと思います。外食をするとなぜか体重が増えてしまう!と感じている方も少なくないでしょう。そこで、どうして外食をすると太りやすくなってしまうのかについて説明します。外食ではボリュームの多いメニューがよくあります。最近では女性向けに量の少ないものも増えてきていますが、現状ではまだまだボリュームの多いメニューが主流です。特に、パスタなどの炭水化物は多めの量となっています。炭水化物は多く摂取すると脂肪として蓄えられやすいので、ダイエットをしている方は気をつけた方が良いです。また、外食のメニューには脂っこいものや、甘いものがよくあります。揚げ物が好きな方は多いと思いますが、こういった食事もやはり太りやすくなります。美味しいものは、ついつい食べ過ぎてしまいがちですが、摂取量には十分注意が必要です。デザートにケーキやアイスクリームなどを注文する方も少なくないと思いますが、これらのメニューは1品につき600キロカロリー以上のものが多いですから、簡単にカロリーオーバーとなってしまいます。このように、外食はどうしても太りやすいメニューが多くなります。日頃外食が多い方は、メニュー選びに気をつけることが大切です。外食であっても上手なメニュー選びで、体重を増やさないで維持することができます。美味しそうなメニューを眺めていると、ついつい頼みすぎてしまうことがありますから気をつけましょう。

このページのトップへ戻る

第4章第3節】糖分や脂肪について

ダイエット中には大好きなスイーツを我慢している!という方は多いと思います。甘いものが食べられなくてストレスを感じている方も少なくないかもしれません。そこで、ダイエット中に気をつけたい糖分や脂肪について説明します。ケーキなどの甘いスイーツには、たくさんの糖分や脂肪が含まれています。糖分を摂取するとすぐに血糖値が上がります。すると、脂質などが脂肪となって残りやすくなります。これが、スイーツなどが太りやすい食べ物である理由です。けれども、私たちの脳は甘い物が大好きです。疲れている時に糖分を取ると、疲れが取れるような感覚が得られます。甘党の方は、甘い物を食べることで幸せだなぁ!と感じます。これは単に甘い物が好きだからというわけではなく、脳が満足感を得るためです。意外にも脳とスイーツは大きく関係しているのです。もちろん、多少の糖分は取り入れる必要があります。しかし、脂質などは摂り過ぎによる感受性のマヒが中毒症状を引き起こす場合があります。糖分や脂肪は必要なものではありますが、摂り過ぎると様々な支障をきたします。ダイエットのためだけではなく健康を維持するためにも、摂り過ぎには十分注意しましょう。

このページのトップへ戻る

第4章第4節】食事の時間について

朝・昼・晩の3食の時間帯は決まっていますか?毎日、帰宅時間が違うから食事の時間は決まっていない!という方もいれば、毎日同じ時間帯に食事を摂るようにしているという方もいるでしょう。お子さんがいる家庭では同じ時間帯に食事を摂っている方が多いのではないでしょうか。そこで、食事の時間帯について説明します。ダイエットというと食事のメニューが気になり、低カロリーなものばかりを使って調理している方は少なくないと思います。しかし、ダイエットにはメニューだけでなく、食事の時間帯も大切です。私たちの身体は、普段思っている以上に自然な仕組みになっています。朝は朝日を浴びることで身体が目覚めます。夜になると身体はゆったりとした状態になります。このような身体の仕組みに合わせて食事を摂ることが大切です。身体を動かすために必要となるエネルギーを毎度同じ時間帯に取り入れれば、体内で余剰となる量が少なくなります。晩御飯は、寝る4時間前までには終わらせておきたいものです。食事をしてすぐに眠ってしまうと、身体に脂肪が残りやすくなります。特に、夜食は太りやすいので注意が必要です。このようにダイエットでは、食事の内容とともに時間帯にも注意を払う必要があります。朝ご飯、昼ご飯、晩ご飯を毎日同じ時間帯に摂るようにすることで、ダイエット効果が高まります。

このページのトップへ戻る

第4章第5節】食物繊維について

便秘気味の方の中には、普段の食事で食物繊維をたくさん摂るように心掛けている人は少なくないと思います。便秘対策に食物繊維は欠かせません。そこで、食物繊維とダイエットの関係について説明します。食物繊維というのは、体内に取り入れても消化できない成分です。消化されないものは排泄されます。つまり、食物繊維はたくさん食べても太る心配がなく、しかも排泄による便秘解消効果が得られます。食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。水溶性食物繊維は、にんじんやこんにゃく、きのこ類、海藻類などに含まれている食物繊維で、コレステロールの上昇を抑える働きがあります。また、水溶性食物繊維には腸内で善玉菌を増やしてくれる効果もありますから、便秘の方にとってはとても魅力的です。不溶性食物繊維は、大根やおから、豆類、ごぼう、りんご、イモ類などに含まれている食物繊維で、老廃物と一緒に排泄される働きがあるため、デトックス効果が得られます。ダイエットでは、これらの2種類の食物繊維を積極的に取り入れることで、より効果を上げることができます。調理しやすい食材が食物繊維にはありますから、料理にうまく取り入れてください。

このページのトップへ戻る

第5章】リバウンド対策

第5章第1節】リバウンドとは

ダイエットをしている時にリバウンドしないようにしなければ!と考える人は多いと思います。苦労をして目標体重まで落とすことができても、リバウンドしてしまっては悲しいですからね。そこで、なぜリバウンドが起きるのかについて説明します。ダイエットでは、食事などで何らかの制限をしている方が多いと思います。例えば、ある一種類の食事ばかりを続ける方法を取り入れる方もいれば、極端に食事量を減らす方法を実践する方もいるでしょう。私たちの身体は、普段の食事で命を維持しています。したがって、食事が極端に変わってしまうと身体は命を維持できない!と判断し、ダイエット中の少ない食事量で命を維持するように働きます。その結果、体内に溜め込むようになってしまいます。食事量が少ないため体重は落ちていきますが、ダイエットの目標体重に到達してから普段の食事量に戻すと、体内に溜め込む働きはそのまま継続されるため、以前よりも太りやすくなります。そして、ダイエットを始める前よりも体重が増えてしまうことになります。特に、短期間でのダイエットは急激な変化をともなうため、リバウンドが起きやすくなります。また、ダイエット中にやってくる停滞期にダイエットを諦めてしまう場合も、リバウンドが起きやすくなります。リバウンドは、身体が命を守るために働いた結果として起こる現象です。したがって、リバウンドしないためには、無理なダイエットを行ってはいけないということになります。極端に食事量を減らすといった無理のある急激な生活習慣の変化は避けてください。

このページのトップへ戻る

第5章第2節】女性ホルモンについて

ダイエットをしている女性の中には、時期によってダイエット効果が感じられないという人は少なくありません。女性の身体は、女性ホルモンから様々な影響を受けます。実は、ダイエットにも女性ホルモンが関係しています。そこで、女性ホルモンとダイエットの関係について説明します。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類があります。エストロゲンは生理後から排卵前までに分泌が多い女性ホルモンであり、この時期は肌の調子が良く、体調なども良い時期となります。ダイエット効果が得られやすいのは、エストロゲンの時期です。プロゲステロンは排卵後から生理前までに分泌が多い女性ホルモンであり、この時期は食欲が増し、むくみが出やすく、肌荒れも起こりやすくなります。太りやすく、ダイエット効果が得られにくいのは、プロゲステロンの時期です。女性ホルモンの状態を確認し、ダイエット効果が得やすい時期にしっかりとダイエットを実践し、ダイエット効果が得にくい時期は無理をせずにゆっくりと過ごすと良いです。このようにすることで、女性は無理なく効果的なダイエットができるようになります。

このページのトップへ戻る

第5章第3節】ストレッチでリバウンド対策

ダイエットをする際にリバウンドは避けたい!と考える方は多いと思います。ダイエット中にストレッチを一生懸命頑張っていた人でも、ダイエットの成果があらわれて目標体重まで落とすことができたと同時に、もうストレッチは良いだろうとやめてしまう場合がよくあります。これではリバウンドしやすくなります。そこで、リバウンド対策として続けることが望ましいストレッチについて説明します。リバウンドは身体の仕組みと大きく関係していますが、筋力の低下もリバウンドの原因となります。ダイエット中にストレッチを取り入れて、痩せたいという思いから懸命に身体を動かすことで筋肉が増えます。ダイエットをやめてストレッチをやらなくなると、せっかく鍛えた筋肉が衰えて脂肪になり、落とした体重が元に戻ってしまいます。ダイエットの成果が出てそろそろダイエットは終了だなぁという方も、リバウンド予防のためにストレッチだけは続けた方が良いです。ストレッチを続ければ筋肉が低下することはなく代謝を保つことができるので、リバウンドの心配がなくなります。また筋肉を維持するために、たんぱく質を意識的に取り入れていけば、さらにリバウンドしにくい身体ができあがります。せっかく痩せた身体は誰だって維持したいですから、ストレッチによるリバウンド対策を取り入れることはとても大切です。

このページのトップへ戻る

第5章第4節】食べ過ぎについて

友達などが集まってお店で長時間食べたり飲んだりすることがあると思います。女性の場合は、月に1度は女子会をしているという方もいるでしょう。しかし、こういった集まりでは、ついつい食べ過ぎてしまうという方が多いのではないでしょうか。頭では分かっているのに友達が集まると楽しくて、いつの間にかたくさん食べてしまうという方も少なくないでしょう。そして、食べ過ぎてしまったと感じた時に後悔する方もいるでしょう。せっかくダイエットをしていたのに無意味になってしまったと思うのは無理もありません。しかし、食べ過ぎた後には適切なフォローをすれば大丈夫です。そこで、食べ過ぎの後のフォローの仕方について説明します。食べ過ぎたと思ったら、翌日からの2~3日間はリセットのための食事のメニュー選びをします。例えば、食べ過ぎた翌日には朝食はサラダだけを摂り、昼はカロリーの少ないおそばにし、夜は置き換え用のダイエット食にします。2日目も夜はダイエット食に置き換えることで、食べ過ぎた分のカロリーをフォローすることができます。このようにダイエット中に食べ過ぎた場合は、翌日からフォローメニューを取り入れることで、今までの頑張りを無駄にすることがなくなります。

このページのトップへ戻る

第5章第5節】停滞期について

ダイエットをしていると体重が急に落ちなくなった!とやる気をなくしてしまうことがあると思います。こういった停滞期は誰にでも起こるものです。そこで、ダイエット中の停滞期について説明します。ダイエットでは一般にカロリーの摂り過ぎを気にした食事に変えるため、カロリー摂取が減ります。すると体重が落ちていき、ダイエットが楽しくなります。ダイエットを続けていくとそのような食事に慣れ、身体が基礎代謝の働きによって守られ、消費カロリーと摂取カロリーが同じ量になる停滞期に入ります。摂取カロリーより消費カロリーの方が多ければ体重は落ちますが、停滞期には身体が命を維持するための調整機能を働かせるため、どうしても体重が落ちなくなります。身体が現状のカロリーでも問題ないと判断し、停滞期を乗り越えたら、再び体重が落ち始めます。停滞期には辛い思いをする方が多いと思いますが、ここは気長に取り組んでいくことが大切です。停滞期を迎えても、必ずまた体重が落ちる時期が来ることを理解し、ダイエットに取り組んでいくと良いでしょう。ダイエット中の停滞期は誰でも経験するものなので、あまり自信をなくしたり諦めたりせずにダイエットを続けていきましょう。

このページのトップへ戻る

酵素ダイエットについてお答えします。 ダイエットサプリメントについてお答えします。 置き換えダイエットについてお答えします。 ダイエットの食事についてお答えします。 ダイエットの運動についてお答えします。 ダイエットの器具についてお答えします。 ダイエットのお腹についてお答えします。 ダイエット方法についてお答えします。 ダイエットで成功についてお答えします。 痩せるダイエットについてお答えします。 中性脂肪についてお答えします。 脚痩せについてお答えします。 ダイエット24.jpの運営者情報 トップへ ダイエットの食事についてお答えします。 ダイエットのブログについてお答えします。 ダイエットの運動についてお答えします。 ダイエットのサプリについてお答えします。 ダイエットの口コミについてお答えします。